• オーロラタウン店 011-251-1500
  • 北一条本店 011-232-1444

ウェディングインフォ CURATION ウェディングインフォ CURATION

1524

「ジューンブライド」の花嫁は幸せ?その意外な”本当の意味”とは

結婚式の豆知識・雑学

by 札幌コンシェル編集部

ジューンブライド|6月花嫁|札幌コンシェル

 

結婚式を挙げるならやっぱり『ジューンブライド』と思う方も多いですよね。結婚式場探しをしているカップルのおふたりからも、

 

・「ジューンブライドだから6月の結婚式は料金が高いですか?」

・「ジューンブライドだから6月の結婚式は混んでいますよね?」

・「ジューンブライドは幸せになるって良く聞くから6月に結婚式をしたい…」

 

との声をよく耳にします。ですが、【ジューンブライドの本当の意味】を知っている人は意外にも少ないのです。

 

今回は、諸説ある由来の中から、ジューンブライドの本当の意味についてお伝えします☆。

 

 

ジューンブライドに隠された本当の意味

『6月に結婚すると生涯幸せな結婚生活ができる』という欧州の3つの話に、ジューンブライドの意味が隠されています。

 

◇女神の話

ローマ神話で天界の王妃と言われた女神ユノ(英語でジュノー:JUNO)は、婚姻の神・子どもと女性の守護神と言われています。英語で6月はジューン(JUNE)というので、そこにかけて女神ジュノーは、6月の神様「結婚や女性の権利を守護する神」とされ、6月に結婚する花嫁はジュノーの恩恵を受けて幸せになるだろうと言われてきました。 

 

ジューンブライド|6月花嫁|札幌コンシェル

 

 

◇季節的なもの

欧州の6月は1年の中で最も雨が少なく過しやすい時期です。また、春には「復活祭」もあり、欧州全体がお祝いムードとなり、たくさんの人たちから祝福されるので、6月の花嫁は幸せになるだろうと言われてきました。

 

ジューンブライド|6月花嫁|札幌コンシェル

 

 

◇結婚解禁の月

欧州では、3月~5月は農作業の繁忙期の為、作業の妨げとなることから結婚が禁じられていました。6月になると結婚が解禁され、結婚式を挙げるカップルが多く、あちこちでお祝いムードが高まり、たくさんの人たちから祝福される6月の花嫁は幸せになるだろうと言われてきました。

 

ジューンブライド|6月花嫁|札幌コンシェル

 

 

日本で広まった「ジューンブライド」の意外な理由とは…

 

欧州では気候のいい6月でも、日本では雨が続き、ジメジメと蒸し暑い梅雨の季節です。

当然、過ごし辛いこの季節に結婚式を挙げるカップルは少なくブライダル業界も伸び悩みの季節でした。そこでどうにかならないものか…と、悩むある結婚式場の支配人が考えついたのが、結婚式の風習やジンクスの多い欧州の言い伝えをつかうことでした。

 

ジューンブライド|6月花嫁|札幌コンシェル

 

「ジューンブライドって知っていますか?」「6月の花嫁は幸せになると言われているのですよ」と勧めていき、このステキな言い伝えは結婚を考えているお二人の心をも動かし、長い年月とともにジューンブライドが定着していったのです。

 

結婚式場の企業戦略から広まったと考えると、ちょっぴり切ない気持ちにもなりますが、そのおかげで、結婚式にまつわる素敵な逸話を胸に結婚式を挙げる花嫁様が増えてきました。

 

 

日本では梅雨の6月でも、この雨にステキな逸話も!

 

ジューンブライドそのものだけでなく、「結婚式当日の雨」にも

・神様がひとしずくごとに天使を乗せて幸せをふりそそいでいる

・新郎新婦がこの先つらい思いをして流すはずだった涙を、雨に変えて流してくれている

という、ステキな言い伝えもあります。このような言い伝えを知っていれば、結婚式が雨の日でも、少し気持ちは晴れやかになるはずです♪

 

ジューンブライド|6月花嫁|札幌コンシェル

 

 

こんな素敵な逸話や言い伝えがつまった、6月の「ジューンブライド」。縁起を担ぐ日本人のなかでこれから永遠に言い伝えられていくでしょう☆

 

 

 

合わせて読みたい:

夏だからこそ!憧れのガーデンウエディング演出

愛妻の日って知ってる?入籍日・結婚記念日の決め方

 

 

 

 

一覧ページに戻る