• オーロラタウン店 011-251-1500
  • 北一条本店 011-232-1444

ウェディングインフォ CURATION ウェディングインフォ CURATION

84683

【結婚式の服装】親・家族・親戚のこころえ~衣装編~

参列ゲスト向け情報

by 札幌コンシェル編集部

両親衣装|親戚衣装|札幌コンシェル

 

お子さんの結婚式に何を着たらいいのか?親戚の結婚式に何を選んだらいいのか、お困りになった経験ってございませんか?

しきたりの細やかな日本では、結婚式における服装のマナーを守るのは大切です。今回の記事では、家族が結婚式で気を付けたい服装のチェックポイントをお伝え致します。

 

 

まず、両親の服装はどうでしょうか?

 

 

第一礼装のお父様は「モーニング」がおすすめ。

正式には、午前中に始まるなら「モーニング」を着用、午後からは「タキシード」を着用というルールが基本ですが、そこは日本であまり重視されていないのが現状です。多くのお父様が、昼・夜に関係なくモーニングを着用しています。

 

 

 

第一礼装のお母様は「留袖」や「ロング丈ドレス」

以前は、黒の「留袖」が基本とされていました。しかし、最近ではレストランウエディング等のカジュアルなパーティスタイルの結婚式も多く、お母様も午前中ならアフタヌーンドレス、午後からはイブニングドレスも見受けられるようになりました。

結婚式を挙げる式場の雰囲気や、ゲスト規模に合わせて、着物かドレスかを決めていくと良いでしょう。

 

 

気を付けたいポイント:両家で服装を揃えることは意外と重要!

 

 

私どもで良くアドバイスさせていただくのは、「両家の衣裳を揃える」こと。片方のお母様が留袖で、もう片方がドレスだと、一生残っていく大切な記念写真がチグハグな印象になってしまします。選ぶ色も、暗色系などで揃えたほうが無難です。服装に格の違いが出るといけない、と言う理由からですね。

 

事前に両家のお母様同士で「留袖」または「ドレス」で揃えておくことをおすすめします。

 

 

親戚の服装の場合はどうでしょうか?

 

 

ご親戚のおば様が留袖なのに、お母様がドレスだと、パッと見た時にどちらがお母様に見えるでしょうか?記念写真を残した時もチグハグな印象になりますし、結婚式場側が「お母様~」と勘違いして声をかけてしまうこともあり得ます。おば様が着物を着たいという場合は、「訪問着」や「付け下げ訪問着」で、留袖・ロングドレスを着たお母様の装いより、格が高くならないように配慮することが大切です。

 

 

兄弟や姉妹の服装はどうでしょうか?

 

 

 

男性は華美な服装は避け、礼服、ダークスーツがベターでしょう。

 

 

女性は、主役である花嫁が白を着るため、白い服装は遠慮しましょう、というマナーが有名です。振袖や色留袖又はカクテルドレスやイブニングドレスなどが一般的で、ドレスの女性の足元はつま先が出ないパンプスと言われます。

また、毛皮を使用した物は、殺生を連想させるために縁起が悪いとされ、バイカラー(2色)も色が「別れ」を連想させるため単色の服装がベターです。

 

 

手持ちの服装が無い!着物を着たいけど…どうしたらいいの?

 

 

札幌で結婚式の参列衣装にお困りの方は、レンタル衣装を取り扱っているブティック21stで、洋装や着物も、小物まで一式揃えられるので、一度相談されてみるのもテかと思います。

 

結婚式の参列衣装・袴|レンタルブティック21st(トゥエンティファースト)

札幌市中央区北1条西3丁目2 井門札幌ビル1階

TEL:011-232-3131

 

 

 

一覧ページに戻る