• オーロラタウン店 011-251-1500
  • 北一条本店 011-232-1444

ウェディングインフォ CURATION ウェディングインフォ CURATION

503

結婚式の服装で注意すべきこと~メンズ編

参列ゲスト向け情報

by 札幌コンシェル編集部

親族・友人・知人からの結婚式の招待状が届き嬉しい気持ちと同時に

『どんな服装で行こうかな?』ってちょっと悩んじゃう事ありませんか?

 

そこで、今回は実際に何を基準にどんな服装を選べばいいのか、結婚式の場にふさわしい

男性ゲストのマナーについてご紹介します。

 

結婚式・フォーマル男性の服装とは?・・・フォーマルなスーツの種類には、大きく分けて“正礼装・凖礼装・略礼装”の3つ。主に「タキシード」「モーニングコート」などの服装を指します。

 

 

スーツ

参列時はブラック(黒)が基本とされていますが、最近では、結婚式を華やかなお祝いの席としてとらえる傾向が強く、ダーク系のネイビーやグレーのスーツを選ぶ方も多いです。カジュアルな雰囲気の会場で結婚式が行われることも多く、問題は無いでしょう。新郎新婦との関係性や結婚式会場によって、どこまで正装するのかカジュアルダウンするのかが決まってきます。

 

シャツ・ネクタイ・チーフ

シャツは「無地の白」。カジュアルな装いが良いとされている場合は、控えめな織り柄を着用して、少しお洒落に決めるのも良いでしょう。シャツの襟は、レギュラーカラーやワイドカラー。ボタンダウンやショートカラーの襟はカジュアルなイメージが強くなるため避けることをおすすめします。

 

ネクタイは、シャツと同様に基本的には、白が良いとされますが、シルバーグレーや、白地にデザインの細かな小紋柄などもフォーマルとして許容範囲です。最近ではピンクやライトブルーといった明るい色のパステルカラーであれば、結婚式でもOKとされているので、スーツやシャツに合わせた色でアレンジしましょう。

 

ポケットチーフは、胸元に挿すだけで華やかな印象になる品が出るのでおすすめです。基本的な色は白ですが、ネクタイと同系色のアイテムと合わせると統一感が生まれお洒落に着飾れます。

 

靴・靴下

靴は黒の革靴で紐付きのシンプルなデザインが基本です。ストレートチップやプレーントゥが一般的で、内羽根タイプのストレートチップは、どんな格式の結婚式にも対応できるので、一足持っておくと良いでしょう。また、靴下は無地の黒色のくるぶしが見えないものがマナーです。

 

ガーデン|新郎|ジャルダンドゥボヌール|タキシード|アッシャー|幸せの庭

最後に

男性ゲストの服装選びのポイントは「新郎や主賓よりも目立たないこと」と「清潔感あるスタイル」です。マナーを気にするあまり王道で決めてしますとシンプルな装いになってしまいますが、チラリと見せるネクタイピンやカフスボタン、ラペルピンなど、フォーマルな祝いの席だからこそ使えるアイテムで紳士なお洒落を楽しんでみてください♪

 

 

一覧ページに戻る