• オーロラタウン店 011-251-1500
  • 北一条本店 011-232-1444

ウェディングインフォ CURATION ウェディングインフォ CURATION

1861

カップル・夫婦がラブラブでいるための【10個の秘訣】

カップル・夫婦関連

by 札幌コンシェル編集部

ラブラブなカップル・夫婦

夫婦・カップルでずっと一緒に居ると、だんだん胸のときめきやドキドキ感が減ってきた…ということはありませんか?一緒に長く夫婦・カップルでいることでお互いのことを良く知って、リラックスできるようになったりと、素敵なこともたくさんあります。でも、ずっと交際当初の新鮮な気持ち・ラブラブ感を持って一緒に居られたら、やっぱり幸せですよね。

 

今回は、そんな夫婦・カップルがいつまでもラブラブでいるための、

・日常的に意識したい8つの秘訣
・定期的に意識したい2つ秘訣

をお伝えしていきます☆

 

 

ラブラブでいるための日常的に意識したい秘訣

日常的に一緒に居るカップル・夫婦

 

1:お互いを名前で呼び合う

長く一緒に居ると、相手のことを「ねぇ」「おーい」などと呼んだり、夫婦で子供がいたりすると「ママ」「パパ」などと名前を使わずに呼ぶようになったカップルもいると思います。

でも、好きな人に名前で呼ばれたら嬉しいですよね!また、この嬉しい感情と共に、名前で呼ぶことで愛を感じさせてくれる「オキシトシン」というホルモンが体内で分泌され、肌の若返り効果も出てくるそう。
いつまでもお互いを名前を呼び合いながら、ラブラブで美しいおふたりでいてください☆

 

2:スキンシップを大切に

なかなか日本人には意識をしないと難しいスキンシップ。手をつないでの外出、行ってらっしゃいのキス、おやすみなさいのハグなど、些細なことでもいいので、日常的な肌に触れる時間を大切にしましょう。

 

3:お互いのプライバシーと一人の時間を大切に

一人でいることによって、趣味などの自分のことに没頭できます。そうすることでお互いのプライベートも充実できますし、相手に対して会えないことで、さみしいという感情も芽生えるでしょう。さみしいと感じた後にふたりで逢えたら、その反動で、いつもの数倍ハッピーな気持ちで時間を過ごせるでしょう。

 

4:言いたいことを我慢しない

お互いに、思ったことはできるだけすぐに伝えるようにしましょう。実は別れてしまうカップルは思ったことを言えずにずっと溜めてしまい、大きなケンカになって別れてしまうということが多いのです。
小さなケンカはお互いの考え方を理解するきっかけになる、大切なエッセンスです☆

 

5:見返りを求めない

なにかをしてあげた時、リアクションやお返しを期待してしまうのが人間というもの。相手と自分は別な人間であることをしっかりと認め、どんなことが相手に響くのか、喜んでもらえるのか、もしくは喜びの感情を表に出すのが苦手なのか?などを考えて挙げることが大切。期待した反応ではなかった時も、相手のことも思いやりながら、過ごしていきましょう。

 

6:お互いの食の好みを知っておく

「胃袋をつかめ」とはよく言いますが、3大欲求といわれる「食欲」を満たしてあげることは大切。特別美味しい料理が作れなくても、こんなものが好きかな?これが食べたい気分かな?と考えながら一緒に食事をしていくうちに、相手から自然と求められる人になっていくでしょう。

 

7:恥じらいの気持ちを大切に

特に一緒に住んでいるふたりは注意が必要。お風呂上りに恥じらいもなく下着姿でうろうろしたりしていませんか?長く一緒に居るからこそ、恥じらいをもって過ごしていかなければ、お互いを男性、女性としてみる気持ちが減ってしまいラブラブな気持ちが失われてきます。

 

8:ふたりの思い出を部屋に飾る

ラブラブなデートをした時や、ご夫婦であれば結婚式の写真を、普段から見えるとことに飾っておきましょう。ふとした瞬間に、新鮮な気持ちを思い出すきっかけになります♪

 

 

ラブラブでいるための定期的に意識したい秘訣

デートに出かけるカップル・夫婦

 

1:外で会う時間を定期的に作る

相手と外で会うことは、出逢った当初を思い出すきっかけになり、お互いに異性であることを再認識させてくれます。ポイントは、待ち合わせ場所も外にすること。待ち時間のドキドキ感も、お互いのデートへのテンションを高めてくれます☆

 

2:イベントを大切にする

ふたりのイベント(交際記念日や結婚記念日、誕生日など)はもちろん大切に。お互いに、相手から大切にされているということを実感でき、よりふたりの仲が深まっていくでしょう。
何をするか、何をプレゼントするかも大事です。しかし、一番大事なのは「この日をまた一緒に迎えてくれてありがとう」という感謝の気持ちを持つこと。その気持ちがあれば、何をしたとしても、相手にその気持ちは伝わるはずです。

 

 

いかがでしたでしょうか。ぜひ意識をして、ずっと仲良くラブラブな夫婦・カップルでいてくださいね♪

 

 

合わせて読みたい

札幌ならではの「おすすめデートスポット」で休日を満喫しよう♪

 

 

 

 

一覧ページに戻る