• オーロラタウン店 011-251-1500
  • 北一条本店 011-232-1444

ウェディングインフォ CURATION ウェディングインフォ CURATION

073

ふたりの結婚式の大切なサポート役!ブライズメイドとは?

ウエディングドレス・ヘアメイク結婚式の準備期間結婚式本番に役立つ

by 札幌コンシェル編集部

 

欧米ではお馴染みのブライズメイド

最近は日本でも取り入れる新郎新婦が増えてきています。

でもそもそもブライズメイドって?誰に頼んだらいいの?どんなことをしたらいいの?など

わからないことがいっぱい。

今回はブライズメイドの役割と由来についてご紹介します。

 

*そもそもブライズメイドとは?

 ブライダルパーティー(またはウェディングパーティー)の一員=「ブライズメイド」

欧米では、結婚式で重要な役割を担うひとたちのことを「ブライダルパーティー(またはウェディングパーティー)」と呼びます。

新郎の介添人である「アッシャー」と同様に、「ブライズメイド」もその一員。

 

--中世ヨーロッパでは純粋な新郎新婦は悪霊に取り憑かれやすいと信じられていたため、

 ふたりを守るため、未婚の兄弟姉妹や友人たちが同じような衣装を着て付き添い、

 悪魔の眼を惑わしたのが始まりと言われています。

 

 

*欧米での文化

欧米でのブライズメイドは、式の準備から当日のお世話までサポートするのが主な役割。

結婚式にウエディングプランナーをつけないこともある欧米では、結婚式に関する準備を、基本的にすべて自分で手配する為、ブライズメイドに手伝ってもらうのです。

お互いの信頼関係の証でもある為、

大切な友人のブライズメイドをお願いされることはとっても名誉な事とされてます♪

 

 

*日本での取り入れ方は?

日本ではウエディングプランナーや介添人がいる場合が多いため、欧米のやり方をそのまま取り入れる必要はありません。

 

「結婚式に華を添えてもらう」ことを中心に

「一緒に幸せを喜んでほしい」 「困った時に一番近くで手伝って欲しい」 

「いつもの笑顔でリラックスさせてほしい」 など、お願いしたいイメージを伝えてみましょう。

 

 

*具体的に何をお願いする?

当日の受付や、お揃いのドレスや小物を身に着けての写真撮影などが定番です。

教会式や人前式の場合には、入場時の先導やリングピローを運ぶなどのお手伝いをお願いするのもいいでしょう。

 

ブライズメイドが複数いる場合には、それぞれに役割をお願いするのも楽しみのひとつ。

例えば・・・

 ・おしゃれな友人→「衣装決めリーダー」

 ・手先が器用な友人→「お揃いのアイテム作成リーダー」

 ・盛り上げ上手な友人→「演出リーダー」

など、それぞれの個性にあったお願いができると、より楽しめるかも。

 

*誰に?
信頼している友人や親族にお願いしましょう。

欧米ではかつて、未婚者にお願いしていましたが、

今では未婚・既婚関係なく、花嫁が信頼している方にお願いするのが一般的です。

日本でのブライズメイドの人数は4~5名というのがもっとも多いものの、特に人数制限はありません。

 

 

*ブライズメイドの衣装

おそろいのドレスを着て過ごすのもブライズメイドの楽しみのひとつ。

ある程度統一感を出した方が綺麗に見えやすいものの、色やデザイン、形に決まりはありません

 

基本的に自由!なブライズメイドの衣装ですが、注意したいポイントは2つ。

*会場の雰囲気や装飾のテイスト、花嫁とのバランス
ロケーションや会場の雰囲気などを総合的に見て、雰囲気が合うように調整しましょう。
もちろん花嫁の好みも大切に。

*それぞれの個性やコンプレックスを考慮すること
人は身長や髪型、雰囲気などそれぞれに個性があるもの。
ブライズメイドみんながそれぞれに輝ける着こなしをしてもらうことが大切。
素材や色合いを揃えて、形は少しずつ違う衣装を選ぶのもいいですね。

 

*費用の負担は?

日本でブライズメイドを取り入れる際は、ドレスやアクセサリーなど当日ブライズメイドが身に着けるものは花嫁が負担するケースがほとんど。

ただ、現金をそのまま渡すのは・・・と抵抗のある方は、欧米に習い2回に分けてギフトとして贈るのがおすすめです。

 

*ブライズメイドボックス という名前で贈られるギフト

*1 ブライズメイドを引き受けてくれることになったら 渡す*
結婚式当日に身に着けることができる衣装や小物などをプレゼント

「Will you be my Bridesmaid?(わたしのブライズメイドになってくれる?)」

と書いたカードを添えて♪

 

*2 結婚式当日 渡す*

結婚式当日も、結婚式が終わったあとも使えるようなものをプレゼント

お揃いのアクセサリー、コスメやイニシャル入りのアイテムもいいですね。

「Thank you for being my Bridesmaid.(わたしのブライズメイドになってくれてありがとう)」

と書いたメッセージを添えて♪

 

 

さいごに

ブライズメイドは、欧米の歴史のなかで育まれ、人と人の信頼関係、

「大切な人と幸せを分かち合う」というハッピーな気持ちと深く結びついています。

 

一生に一度のかけがえのない日に、「一番近くで過ごしてほしい!」そんな想いを込めて「ブライズメイド」をお願いしてみては いかがでしょうか?

 

 

合わせて読みたい

【花嫁の疑問】事前ヘアメイクリハーサルって必要なの?|失敗しない結婚式

愛されネイルで可愛い花嫁に♡指先お手入れ術と人気ネイル5選

結婚式場探しはまず相談カウンターへ!5つのメリットとは?

 

 

 

 

一覧ページに戻る