• オーロラタウン店 011-251-1500
  • 北一条本店 011-232-1444

ウェディングインフォ CURATION ウェディングインフォ CURATION

0485

【驚き】北海道神宮での結婚式の特徴と「思わぬ落とし穴」

結婚式の豆知識・雑学結婚式場探しに役立つ

by 札幌コンシェル編集部

 

※↑こちらの記事の内容は、「札幌コンシェルYOUTUBEチャンネル」で動画形式でもご覧いただけます。

 

 

こんにちは!今回は北海道神宮の結婚式についてお話しさせて頂きます。初詣や七五三詣、お祭りで地元住民から愛され続けている北海道神宮。「結婚式をするなら北海道神宮で!」と憧れている方も多いのでないでしょうか?そんな北海道神宮の結婚式の魅力と気になる申込方法についてご紹介致します!

 

 

◇北海道神宮とは?

 

まずは北海道神宮について簡単にご紹介いたします。北海道で神社と言えばまず北海道神宮を思い浮かぶ方が多いでしょう。明治4年に現在の位置に社殿が建てられ地域の中で最も社格の高い「一の宮(新一の宮)」の称号を与えられている由緒ある神社のひとつです。

 

 

 

◇北海道神宮の結婚式の魅力

 

その①道内最大級で1番格式が高い神社での本格和婚が叶う

社格の高い北海道神宮では歴史のある社殿の厳粛な雰囲気はもちろん挙式中に奏される「神楽」など厳粛な神前挙式が行えます。

 

 

その②四季折々の表情をもつ壮大なロケーションを楽しめる

北海道神宮は春には桜の名所として親しまれ、秋に鮮やかな紅葉、冬には幻想的な雪景色に包まれ訪れる季節により様々なロケーションを楽しめます。その為、写真撮影も大変人気なのですが、実は誰しもが撮影できるわけではなく、北海道神宮で挙式をするカップルのみ特別に撮影ができるのです!

 

 

その③親子2世代・3世代で幸せな思い出を紡ぐことができる

市内神社として歴史が長くご祖父母やご両親が、北海道神宮で結婚式をされたという方も多いです。親子2世代・3世代にわたって北海道神宮で結婚式をし、その後も「初詣」、「お宮参り」や「七五三詣」等での様々な人生儀礼で、思い入れのある神社に何度も訪れることができるのも魅力のひとつです。

 

 

その④結婚式後の会食もスムーズに行える

市内中心部からも近く挙式後の会食や披露宴もスムーズに計画する事ができます。札幌コンシェルでは、北海道神宮からの移動や披露宴・会食の開始時間も考慮したうえでお食事会場もご提案させて頂きます!

 

 

 

◇申込方法

 

原則、ご本人様が直接神宮へ行かれ、お内金として¥30,000を納めて手続きを行います。結婚式日程は1年前から解放され予約が可能となります。

 

 

申込注意その①挙式料金

挙式料(挙式初穂料)¥150,000です。※お2人きりでの結婚式の場合は¥100,000です。尚、税は不要です。

 

 

申込注意その②挙式日時の変更

結婚式予定日の6カ月前の期間中であれば1度だけ認められます。6カ月を過ぎた場合や2回目の変更は原則「キャンセル扱い」となりお内金の¥30,000は返金されませんので注意が必要です。結婚式の日時に関してはお2人だけで決定せずに事前にご両家でしっかりご相談の上お申込される事をおすすめします。

 

 

申込注意その③参列人数

ご親族様の参列はご両家合わせて24名様以内。ご友人や知人の方の参列はご両家合わせて16名様以内で別席を設けられます。ですので最大着席人数は40名様となります。

 

 

 

◇北海道神宮の結婚式の豆知識

 

その①控室について

ご親族様控室は結婚式料金に含まれます。当日のお仕度(着付やヘアメイク)を北海道神宮で行う場合は新郎新婦控室の予約が別途必要となり、料金は一室¥10,000となります。

 

 

その②衣裳について

神前式=白無垢と考えていらっしゃる方が多いですが、実は決まりはなく、華やかな色打掛や振袖などの礼装でも問題ありません!実はドレスを着ての結婚式・・・というのも可能なんです!

 

 

 

いかがでしたか?近年ニーズが高まっている和婚で人気の北海道神宮の結婚式についてご紹介いたしました。他の専門式場やホテルとは異なりお申込方法等が特殊なので、北海道神宮の結婚式をご検討の方は札幌コンシェルまでお気軽にお問合せ下さい!

 

 

 

合わせて読みたい

【結婚式のプロ直伝!】実は狙い目?!日程の決め方

【白無垢編】奥深い日本古来の和装…魅力がたっぷり☆

【色打掛編】奥深い日本古来の”和装”には魅力がいっぱい!

一覧ページに戻る